« 非円表にはならない好き嫌いの針ティソ駿馳ひゃく瓦貯水自動機械クロノメーター »

肉眼で見える重さ

 柳葉針、従来は繊維秀エレガントで有名で、しかしそれより繊級の刀の形の針、妃針、尤精緻な程度の。しかし、フワフワの特質を見せたり、ブランパン行他人の無、本はすでに極繊細なウエストを添える透かし彫り――――これは肉眼で見える重量ブランパン透かし彫り柳葉針の極緻のしなやか。

 


しかし、させないために見える薄い指針と勝ちに弱く、ブランパン職人は逆思考を選択巧思――と同じ、美しく色ゴールド?ケースを強化する視覚共感覚と安定性を透かし彫ります;更にエッジの角に全部磨き、代わりに微妙でまろやかな弧度、工芸の精に等しい両端がとがった刻舟。ブランパンは常に「ミクロン」指針と製造のトレランス単位、一本ずつ手作りで作った透かし彫り柳葉針、職人の温度と気持ちをこめて。