« ロイヤル・オークに迷彩服を着る卓越した彼を追求するための宝パーの古典的なシリーズの2つの場所は、すべての月の腕時計です。 »

ダイヤモンドが大好きなセコノキ

 ジュネーヴ展に力を入れるのは芝柏があります。少し前に、セコノキは2つのシリーズの新型腕時計を発表しました。王冠シリーズとキャッツアイシリーズは出展の予熱としています。

 


新しいクラウンシリーズの万年暦の腕時計のサイズは42 mmで、材質はステンレスで、電気めっきの青いパリの紋様の文字盤を採用して、3つの小さい文字盤で月、日と日を表示します。GP 01800-0033のムーブメントを搭載し、54時間の充電が可能です。

 


猫の目のシリーズは全部で3種類あります。第一弾Majecticは40*34.7 mmのバラゴールドのケースを採用しています。輪には60個の明るいカットダイヤモンドがはめ込まれています。GP 03300-00121のムーブメントを搭載し、46時間の充電が可能です。

 


第二のCelesstialはバラゴールドのケースを使用しています。大きさは35 x 30.4 mmで、大面積の月相表示はほとんど文字盤全体を占めています。表輪は62個あり、文字盤は33個の明るいカットダイヤモンドがあります。GP 03300-0125のムーブメントを搭載し、46時間の充電が可能です。

 

 
最後のモデルはキャッツアイの飛輪で、32×27 mmの白金のケースを備えています。リングには54個の長方形のダイヤモンドがはめ込まれています。文字盤や表冠などの部品にもダイヤモンドが飾られています。GP 0700-0015のムーブメントを使って、70時間の充電ができます。